カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

SparkMaker FHD 1080p SLA光造形式 3Dプリンター【正規販売代理店】

SparkMaker FHD 1080p SLA光造形式 3Dプリンターは、UV硬化樹脂を使用する、現在最も低価格なSLA/DLP3Dプリンターです。シンプルですが、造形精度の高い初心者向けの3Dプリントが可能です。

入荷しました。!!

教育/個人用途市場向けの3Dプリンタとして簡単で扱いやすいコンパクトサイズで実現しました。使用出来る材料はUV硬化樹脂となります。

■場所をとらないコンパクトな設計で、操作も簡単です。
■1080P SLA/DLP
■ビルドボリューム:98mm x 55mm x 125mm
■SparkStudioシステム(ダウンロード)
■インターフェース:SDカード(付属しておりませんので別途ご用意ください。)
■プリンタ制御:インタラクティブプッシュボタン
■UV光(波長405nm)
■XY精度:100μm
■Z精度:20-100μm
■積層解像度:20um
■印刷速度: 8-15 S /層
■定格電力: 48W

SparkMaker FHD 1080p SLA光造形式 3Dプリンター【正規販売代理店】

価格:

31,800円 (税込)

購入数:

在庫

19個

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら

<使用方法>
1:モデルをSparkStudioにインポートしてスライスを実行
2:スライスファイルをSDカードに保存
3:最初に造形プラットフォームレベリングをします。(次回再びレベルを設定する必要はありません)。
4:造形プラットフォームの両側の4本のネジを緩めます。
5:ノブを回して造形プラットフォームを最も低いところに設定します。
6:造形プラットフォームを一番下に押し下げ、造形プラットフォームの両側の4本のネジを締めます。
7:樹脂タンクにUV硬化樹脂を注入します。(樹脂120g未満)
8:SDカードをスロットに挿入します。(フェイスダウン)
9:ボタンを押して印刷を開始します。
10:印刷が終了したら、ハンドルを緩めて造形プラットフォームを取り外します。
11:モデルを取り外します。
12:99%アルコールでモデルを洗浄します。
13:UV光で約2〜3分間照射します。

<ソフトウェア>
■ファイル形式:stl
■制御形式:.Gcode
■スライスソフトウェア: SparkStudioスライサー

<注意が必要な事項>
※印刷したモデルは濃度99%以上のアルコールで洗浄が必要です。
※印刷の注意点:アルコール洗浄後、日光やUV-ライトで造形物を固くすることが必要です。
※SparkMakerは強い光のない場所に置いてください。
※印刷前にレベリング調整が必要です。
※印刷時には、UVカバーをSparkMakerに取り付けてください。
※SDカード(最大32G)までを別途ご用意ください。また初回使用時にフォーマットする必要があります。
※ご使用時には紫外線を避け、ゴーグルを着用してください。
※プリンタを電源に接続するときは、まずDCポートを差し込んでから電源ソケットを差し込んでください。

ページトップへ